◯良心的な判断のできる子ども
 ◯一人でできる子ども
 ◯知性と創造性にあふれる子ども
 ◯友だちや隣人を大事にして、世界平和のために働く子ども


あきる野こどもの家では、こどもの成長に合わせて3段階のクラスで、保育を進めていきます。

子どもは生まれた時から、環境のあらゆる物を無意識に吸収し、成長していきます。
これは人格形成の第一歩で大人になるまでつながっていく大切な基礎でもあります。
0歳児クラスでは1日を通して、一人一人の子どものリズムが守られるように、食事・睡眠・活動のコーナーを設け、落ち着いた秩序のある環境・生活を保障します。
家庭保育に近い環境を保障する方法として、保育士と子どもの関係を大切にする担当制で保育を行い、離乳と歩行が完成するまでの大切な時期をゆったりと過ごします。


歩行が完成して自由に動けるようになった1歳半〜2歳半のクラスで、モンテッソーリ教育の異年齢混合の保育形態をとります。子ども同士の自然な関わりや模倣なども大切にしながら、着脱・食事・排泄などの基本的な身辺自立を目指していきます。


異年齢の子どもが一緒に生活する縦割りクラスになり、同じ部屋の中で、小さい子への思いやりや年上の子への憧れが育ち、優しく意欲的な子どもが自然に育っていきます。兄弟・姉妹の少ない昨今、子どもの社会性や協調性を育てる上でとても大切な経験をすることが出来ます。
また、この頃は子どもが色々な事に興味を持ち、好奇心を抱く時期でもあります。
子どもが興味を持った、その時に自分で自由に活動を選び、繰り返し、集中する事で、自分自身を成長させていける様に、整えられた環境(モンテッソーリ教具・教材)を常に用意し、子ども達の成長のお手伝いをしています。


専任講師による様々な指導・レッスンを行っています。(隔週)
 ●リトミック指導
 ●絵画指導
 ●英会話レッスン
 ●体操指導