マリア・モンテッソーリ Maria Monntessoori(1870〜1952)は、イタリアの生んだ最初の女医で精神医学者であり、また、偉大な教育学者です。
彼女は適切な環境と援助が与えられるならば子どもは自ら成長する存在であることを発見し、世界の教育界に大きな影響を与えました。

 “こどもの家(Casa dei Bambini)”は1907年ローマで、モンテッソーリ女史により設立されました。
それから約100年の間に世界各国にこの教育が普及し、現在の教育界、心理学会、精神医学界に於いても、この素晴らしさは再認識されています。
日本に於いてもモンテッソーリ教育実施園は全国およそ950園くらいあり、その実績は教育界の注目を集めています。

 子どもはいつも手を使って何かをしています。手を知性の道具として使いながら環境の中にある物の認識を深めているのです。
人間の成長を促す底知れない創造エネルギーを正しい方向に伸ばす手伝いをすることが私たち教育者のつとめです。
室内にあるたくさんの教材教具の中から、自由に自分で選択し、活動します。
子どもは自分の発達に見合ったものを選んでいきます。そこで子どもは自分自身を発達させていくのです。

 子どもはこうした望ましい人格を形成していくためには、心身ともに健康であることのほかに、周りにいる大人の賢明な協力が必要です。保育者によって整備された環境の中で一人ひとりの子どもが

    1.自由にとりかかった。
    2.とりかかったものに、継続して、主体的に関わった。
    3.時として集中してしまうほどにそのことに没頭した。
    4.自分からやめた。やめた後以前よりも良い方向に変わった。

この4つの段階を通して子どもは自分自身を成長させていきます。





子どもが最初に興味を示す活動です。
子供サイズに合った興味あふれる教具が子どもたちに呼びかけます。
“さぁ、わたしを使ってお仕事してちょうだい”と
  ●環境への配慮
   運ぶ、せんたく、アイロンがけ、食卓の準備、物のかたづけなど
  ●自己自身への配慮
   衣服の着脱、手を洗う、髪をとかすなど
  ●社会性を身につける
   ごあいさつ、物の受け渡し、戸の開閉など
  ● 洗練された指先を身につける
   通す、分ける、切る、折る、貼るなど
  ●グループ活動による運動調整の力を身につける
   静粛の練習、線上歩行など


魅力的な美しさを保ち、子どもサイズで具体的な感覚教具は、間違いの自己訂正、刺激の孤立化が含まれていて視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚に訴えながら物の同一性や、漸次性を高める力、識別の分類の力を養います。


2歳半〜6歳の子どもたちは、また、言語に対する大変敏感な時期にいます。外国に育てば、その国のことばを難なくマスターできるのはそのせいです。よく考慮された環境があれば、子どもたちは遊びながら言語活動をマスターします。
話しことば、書きことば、読む、文法遊びなど


量と数の対応の一致を非常に大切にしています。
具体物がだんだん抽象化されてきて、子どもの数学的頭脳の育成を助けます。手を使い、グループでするダイナミックな数活動が、次第に個別活動に入る教具の配列で、子どもは、以前行った感覚的理解を一人で静かに秩序づけ、整理し、抽象化して数を理解するようになっています。


総合された活動であり、子どもたちの探究心に応えながら、子どもの知性、情緒性、良心の発達を促します。
音楽リズム、絵画制作、地理、歴史、生物など