子どもの生活の流れは、子ども主体に考え無理のないものとするよう配慮しています。



※室内活動はモッテッソーリ教具による自主活動です。